筋肉トレーニングの食事レシピ

筋肉トレーニングのための食事レシピ

筋肉トレーニング,食事,レシピ

 

身体を大きくしたい人に最も効果のあるものは卵です。卵には1個当たり6から8グラムのタンパク質が含まれていて、アミノ酸スコアも100であるので筋トレにはお勧めです。他にはビタミンと亜鉛と鉄とカルシウムが豊富であるが、タンパク質を20グラム摂取するには6個も食べないといけないです。

 

筋トレで肉類はささみをイメージするが、脂質と糖質が少ないのでほとんどの人が食べています。鶏肉は牛肉や豚肉に比べて、価格が安いので購入しやすいです。ささみにはナイアシンやセレンが多く含まれていて、ナイアシンはビタミンB3とも言われてタンパク質と脂質と糖質の代謝に大きく変わりセレンは抗酸化作用があります。

 

牛肉は脂質が多いが、共役リノール酸があるので糖が脂肪を生成する働きを大幅に抑えてくれます。筋トレを行う人にお勧めのメニューは、ささみのごま油黒コショウダレ焼きです。ささみを焼いて塩コショウやワサビ醤油で食べる人が多いが、ごま油をかけて食べます。

 

湯むきトマトと長いもとステーキのサラダは、牛肉のステーキを輪切りにした長いもをバター醤油と一緒に焼きます。長いもにはビタミンB群とパンテント酸とカリウムと鉄と銅とセレンが含まれており、栄養価が高いです。

筋肉トレーニング後にお勧めの焼肉メニュー

筋肉トレーニング,食事,レシピ

 

筋トレ後には焼き肉がお勧めで、良質なタンパク質を摂取する事が出来るためです。タンパク質は損傷した筋肉を修復するのに適した食材で、焼肉の中でもタンとハツとハラミとツラミがお勧めです。この部位は赤身が多く、日頃から良く使われます。

 

タンは舌なので食べる時は良く動いて、ハツは心臓であるので動き続けている部位です。ツラミはホホなのでタンと同じように食べる時に動いて、ハラミは横隔膜なので呼吸し続けている限り動いています。良く動いているので、疲労出来ない筋肉であるのため疲労しにくい物質が含まれています。

 

疲労回復効果があるアミノ酸の1種であるのが、アンセリンです。アンセリンを積極的に摂取すると、良質なタンパク質を摂って再生を図るだけではなくて疲労回復も出来ます。他にも鶏の胸肉やマグロやカツオの赤身にもアンセリンが含まれていて、鶏の胸肉は渡り鳥等が飛び続けるのに疲れてはいけない部位です。

 

マグロやカツオは動き続ける回遊魚であるので、疲れにくいのは必須条件です。ホルモンは肉の中で脂肪が少ない部位で、牛ホルモンと豚ホルモンには鉄と亜鉛と銅の含有量が高いです。ビタミンも豊富で葉酸も含まれているので、結合すると赤血球の核酸やタンパク質の合成を助けてくれます。

筋肉トレーニングにお勧めの料理

筋肉トレーニング,食事,レシピ

 

筋トレにお勧めの料理は、生姜とささみのホットスープです。ささみは筋肉の材料になるたんぱく質が豊富で、わかめにはビタミンとミネラルと食物繊維が摂取出来ます。わかめには水溶性食物繊維が多く含まれているので、炭水化物と一緒に食べるので吸収を緩やかにしてくれます。

 

タンパク質を摂取する事で、筋肉の合成と代謝をアップさせて食物繊維で血糖値の急上昇と急降下の防止をしてくれます。温かい汁ものは胃を温めるので消化を促進し、胃の負担軽減に繋がり筋トレのパフォーマンスにエネルギーを使えます。

 

豚とセロリのさっぱり炒めは、豚肉からタンパク質が摂れて疲労回復と糖質の代謝を促進するビタミンB1も含まれています。ビタミンB1で筋トレのパフォーマンスが向上して、セロリの食物繊維でタンパク質を緩やかに吸収してくれます。

 

これにより筋トレ後のリカバリー効率がアップして、整腸効果から便秘解消等の体調改善も効果があります。マグロのキムチ納豆かけは、マグロからはタンパク質だけではなくミネラルも取れます。キムチは代謝アップを促進するカプサイシンと、コラーゲンの生成を促すビタミンCが入っています。

 

キムチは発酵食品であるので、乳酸菌も取れます。納豆にはタンパク質以外に大豆サポニンと大豆ペプチド等の様々な栄養素があり、代謝アップが期待出来ます。

筋肉トレーニングを行うと薄毛になる

筋肉トレーニング,食事,レシピ

 

筋トレを行うと男性ホルモンが分泌されて、ハゲになったり薄毛になったりすると言われています。筋トレを行うと筋肉に刺激が与えられ、それがトリガーになり脳が多くの男性ホルモンを発生するように働きかけます。

 

この働きで男性ホルモンが増えていき、筋トレの時に筋肉の回復や増強や肥大によって使われていきます。男性ホルモンが増える事で、必ずハゲや薄毛になるわけではないです。筋トレで男性ホルモンが増えた事が、生え際の後退や頭頂部の薄毛の原因ではなくAGAの疑いがあります。

 

男性ホルモンが強烈な脱毛指令を出すDHTに変化して増える事で、ハゲや薄毛になります。AGAの疑いがなく、DHTの感受性が低いとマッチョであってもハゲや薄毛になる可能性は低いです。筋トレを習慣にしている人がハゲや薄毛を気にして控えたり辞めると、テストステロンの分泌量が増加してしまいます。

 

このため薄毛の原因や進行を気にし過ぎるのではなく、適切な対処法を知ったり復活に向けて実践する事が生え際の後退や頭頂部の薄毛を改善していくようにします。筋トレを行って薄毛になりたくない人は、育毛サプリを利用すると良いです。

キレマッスルHMBサプリのお申込みはこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのキレマッスルHMBサプリも確認してみてください。